人間の都合で奪った命を大切にしてくれる人のもとへ届けたい。

野生動物たちは、人間の都合によって 「害獣」になってしまいます。
私たちは 食肉として屠殺される現場を目の当たりにし、初めて「命をいただいている」ことを 痛感しました。
そこで 食肉文化の副産物として廃棄される皮を人にも環境にもやさしい革に アップサイクル。
小さな個体でも活かせるようにいつも一緒に持ち運べる革小物として鹿革製のカップスリーブが誕生しました。
革の傷や独特の風合いは、野生動物が生きた証。
IPU Gibier(アイピーユージビエ)を通じて、人間の都合で奪った命をしあわせづくりに役立て、人間と動物が共生できる社会づくりに挑戦します。

商品スペック

見る閉じる

原産国・加工国 日本
原材料・素材・成分 鹿革
赤、青、緑
内容量・サイズ 上辺の直径約75mm、下辺の直径約60mm、高さ60mm、ストラップの長さ(スナップを閉じた状態)80mm
注意事項●カップスリーブを装着してテーブルに置く場合、カップが転倒する場合がございます。くれぐれもご注意ください。
●野生動物のため、傷や色むらがございます。生きた証としてご理解ください。
●革の特性上、汗や水濡れ、摩擦などによって色落ちすることがございます。
●水に濡れた場合は、素早く拭いて陰干ししてください。
●ご使用年月に関わらず人の手の水分や日光・室内灯などによって経年変化が生じます。物性的には問題ありませんが、カビの発生にはご注意ください。

商品詳細

商品ストーリー

商品詳細

リラックスタイムを彩るカップスリーブ

季節や場所に関係なく、温かい飲み物と共に過ごす時間は、とても大切ですよね。
でも、熱い飲み物が入っていると、カップを持つ手が火傷しそうになることがあります。
そんな時に役に立つのが「カップスリーブ」。
カフェなどでは、使い捨ての紙製のものをよく見かけますが、最近は何度も使える様々な素材のカップスリーブが話題になっています。
今回、IPU Gibier(アイピーユージビエ)から、鹿革を使ったカップリーブが誕生。
バッグにぶら下げて、アクセサリー感覚で持ち運べる上質な仕上がりです。

※カップが転倒する場合がございます。くれぐれもご注意ください。

アクセサリー感覚でいつも一緒に

スナップが付いているので、バッグに装着するとアクセサリー感覚で持ち運ぶことができます。
金具のメッキは特注品。
カジュアルな上質感なので、リュックでもトートでも、お気に入りのバッグにフィットします。

記念すべき限定初期ロットは3色展開

9頭分の鹿革をそれぞれ赤、青、緑に染めた3色展開。
お好きな色でコーディネートできます。
オンタイム・オフタイムを彩るファッションアイテムとして大切に使っていただけます。

商品詳細をもっと読む商品詳細を閉じる

商品ストーリー

始まりは、岡山市にある環太平洋大学(IPU)のブランド戦略論の授業から

令和4年2月の農林水産省の発表では、野生鳥獣による農林水産被害額は、161億円にのぼり、鳥獣被害によって、営農意欲の減退、耕作放棄・離農の増加、さらには森林の下層植生の消失等による土壌流出、希少植物の食害、車両との衝突事故等の被害も問題になっています。
環境省による「捕獲数及び被害等の状況等」(令和3年8月19日現在)によると、捕獲されるイノシシは68万頭、シカは67万頭と年々増加傾向ですが、ジビエ料理として利活用されるのはそのうち1割程度であり、皮のほとんどは廃棄物として捨てられています。
また、畜産業から排出される温室効果ガスや穀物不足も懸念され、生物多様性の観点でも野生動物の利活用が注目されています。

岡山市東区にある環太平洋大学(International Pacific University)の周辺も、シカやイノシシが大量に生息し、岡山市では年間4000頭のイノシシが焼却処分されています。
そこで、2021年9月からスタートしたブランド戦略論の授業は、地元の社会課題解決を目的とし、ブランド構築に取り組みました。
また、文部科学省が推進しているESD(Education for Sustainable Development/持続可能な開発のための教育)も意識し、ジビエを通じて、命の大切さを伝えることも狙いとしました。

「IPU Gibier」というブランドは、大学周辺の野生動物の被害を解決したいという経営学部現代経営学科で編成されたチームの発案で誕生しました。

フィールドラーニングで気づいた命の大切さ

2021年11月26日には、学生さんからの提案で、鹿の捕獲やと殺、食肉加工を見学するフィールドラーニングを実施しました。
フィールドラーニングに全面協力してくれたのが、環太平洋大学1期生で、食肉加工場を経営する株式会社どんぐり(本社:岡山県岡山市)の代表取締役石原佑基氏です。
普段なかなか見ることができない、と殺や解体の現場を見学させていただけたことがきっかけで、人間の都合で殺されてしまう野生動物を余すところなく活用できないかという思いに至りました。

クロムを使わないなめし方でやさしい革へとアップサイクル

鹿やイノシシといった野生動物のお肉は、ジビエ料理として近年注目されていますが、多くの獣皮は捨てられています。

皮は鞣(なめ)すことで革になりますが、商品になった時にも安心・安全に使える「ラセッテーなめし製法(植物タンニンを主成分とする東京都墨田区の山口産業の独自技術)」を採用し、作る人にも使う人にも、自然や地球にも“やさしい革”にしました。

革に仕上がった鹿の革はとても肌触りがよくやわらかでしたが、野生動物であるため個体差があり、大きかったり小さかったり、穴が開いていたり、色むらがあったり・・・

捕獲された9頭分の鹿の皮を赤と青と緑の3色に染めたものの、バッグなど、大きな面積が必要なレザー商品にするにはとても無理だということが分かりました。

そこで、しなやかな風合いを活かし小さな面積で作れる革小物の中でも、愛着を持って大切に使ってもらえそうなカップスリーブをつくることになりました。


東京都墨田区の職人技によって商品化

獣皮を地域の有効資源にするMATAGIプロジェクトを運営している一般社団法人やさしい革の代表理事山口明宏氏(写真右)によってサステナブルレザーに生まれ変わった鹿革。

それをカップスリーブに製造してくださったのが、東京都墨田区に本社のある二宮五郎商店の代表取締役、二宮眞一氏(写真左)です。
二宮五郎商店さんは、1946年の創業以来「国産有名時計」のベルト製造から始まり世界的ブランドのOEMからオリジナル製品まで手掛ける革のスペシャリスト。知る人ぞ知る業界で高い評価を受けている老舗メーカーです。
独自の技術と丁寧で緻密な職人技によって、個体差があり扱いが大変難しい鹿革をカップスリーブに仕上げていただきました。

背面にもロゴの刻印

カップスリーブの背面には、一般社団法人やさしい革と株式会社二宮五郎商店のロゴが刻印されています。
IPU Gibierで使用する獣皮は、環太平洋大学のある岡山県岡山市の瀬戸地区で捕獲された野生動物に限定しているため、OKAYAMA-SETOと刻印しています。

カップスリーブを製造するにあたり、余った鹿革や端材は二宮五郎商店さんから全て引き取りました。
学生さんのアイデアで別の商品に活用できるよう、現在新たな商品化に向けて取り組んでいます。

IPU・環太平洋大学 公式サイト
https://ipu-japan.ac.jp/

一般社団法人やさしい革
https://yasashii-kawa.org/

二宮五郎商店 公式サイト
https://www.ninoworks.com/

IPU Gibier ブランドサイト
https://ipu.okayama.jp/

商品ストーリーをもっと読む商品ストーリーを閉じる

  • 送料無料
  • SALE

「ジビエを身近にする命の授業」から生まれた

鹿革製カップスリーブ

7,700円 (税込)

獲得ポイント77pt獲得

コメントを見る・するこの店舗の他商品を見る

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

11,000円7,700円 [ 在庫数 : 17 ]

×

11,000円7,700円 [ 在庫数 : 11 ]

×

11,000円7,700円 [ 在庫数 : 25 ]

×

法人・大口注文のご相談は
info*sooooos.comまで
(*を@に変更してください。)
  • 販売店舗:IPUジビエ
  • メーカー・ブランド:IPU Gibier
  • 貢献カテゴリ:
    • オーガニック・ナチュラル オーガニック・ナチュラル オーガニック・ナチュラル
    • フェアトレード フェアトレード フェアトレード
    • 3R(リサイクル,リユース,リデュース) 3R(リサイクル,リユース,リデュース) 3R(リサイクル,リユース,リデュース)
    • 寄付つき 寄付つき 寄付つき
  • 発送日目安:4~6営業日以内
  • 送料送料無料
  • ギフト対応:不可
  • 特定商取引法に基づく表記(返品・返金・キャンセルなど)

ギフト対応商品で熨斗等を希望される場合は注文画面の備考欄に必要な情報をご記入ください。

お問い合せフォーム

みんなのコメント(0件)

ショップスタッフより

学生さんの想いに共感いただいた多くの方々のご協力によって商品化できた、記念すべき限定初期ロットです。
この度、ブランディング事例コンテストの最終プレゼンターに選ばれたことを記念して、30%オフの7,700円(税込)の特別価格で提供することにいたしました。
このカップスリーブの売上金の一部は、ESD推進の一環として、学生さんによるIPUジビエの商品ブランド開発費用と、ジビエ料理を通じて命の大切さを伝えるこども食堂の運営に活用します。
皆様の大切なファッションアイテムの一つになれば嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

2022年10月07日 18:06

※コメントを書くとポイントがもらえます。詳しくはこちら

「ジビエを身近にする命の授業」から生まれた

鹿革製カップスリーブ

7,700円 (税込)

77pt

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

11,000円7,700円 [ 在庫数 : 17 ]

×

11,000円7,700円 [ 在庫数 : 11 ]

×

11,000円7,700円 [ 在庫数 : 25 ]

×