ミエン族の歴史と文化のつまった刺繍の技術を次世代へ伝承すること

タイ北部ミエン族の村で、一針一針手刺繍されたクロスステッチが両面にほどこされたクッション入りのポーチです。

刺繍と裏地の間には、クッションになるスポンジが入っていますので、スマホやデジカメなど貴重品入れに最適です。

*最近の大きめのスマホには、サイズが小さいようです。
 スマホ用をお考えの場合は、ご購入前にサイズをよくご確認くださいませ。

*同じデザインの異なる色柄の商品がいくつかございます。
 それぞれ別ページでご紹介していますので、そちらもぜひ、ご覧くださいませ。

商品スペック

見る閉じる

原産国・加工国 タイ
原材料・素材・成分 タイ北部ミエン族の村のクロスステッチ刺繍布(綿)
内容量・サイズ タテ約14cm/ヨコ約9cm/マチ約1.5cm

商品詳細

商品ストーリー

商品詳細

ミエン族の個性的な幾何学模様のすてきなポーチです!

内側には、クッションが入っていますので、スマホやデジカメ、貴重品入れなどに、1つあると重宝にお使いいただけます。

横には、布の輪っかがついており、カラビナ(リング)を取り付けられるようになっています。

ファスナーの引手には、木製ビーズがついているので、ファスナーの開閉がスムーズです。

表と裏の両面に、同じ刺繍布をつかっていますが、刺繍の柄の入り方が異なります。

こちらの商品は、贈りものにも喜ばれています。
*ギフトラッピングは、刺繍の色合いをいかすため、透明の小袋にお入れし、 小さなリボンをお付けする簡易ラッピングです。

*『織り人)Orijin)』では、1ページ1商品をご紹介しております。
 お届けするのは、写真の商品になります。

商品詳細をもっと読む商品詳細を閉じる

商品ストーリー

「つかう」ことで、織り人にかかわるすべての人がしあわせになる『ものづくり』

「つくる人」のしあわせ
「つくる人」たちが継続した仕事を手に入れることで、困難な状況から抜け出し、民族として誇りを取り戻して、次へのステップに挑戦することができるような、経済的・精神的な自立を得ることができます。

「かう人」のしあわせ
アジア民族の伝統的な刺繍や織りの一つひとつ異なるデザインや色合いの中から、「こういうものを探していたの!」という一目惚れのような出逢いを見つけることができます。
そして、その商品をご購入いただくことが、「つくる人」を応援することにつながります。

「うる人」のしあわせ
新しい商品を企画・販売し、継続した発注をすることで「つくる人」の自立を支え、そして「つくる人」と「かう人」との出逢いの場を提供し、民族の手しごとの素晴らしさを、たくさんの人へ伝えることができます。

織り人の3つの「ものづくり」

1.今の仕事を続けられる「ものづくり」
都市のスラム地区で働く人たち、難民キャンプで暮らさざるをえない人たちなど、厳しい環境におかれている人たちが、継続して仕事を続けていくことができる「ものづくり」を目指します。

2.新しいことに挑戦していける「ものづくり」
厳しい環境から抜け出し、新たな挑戦をする今を一生懸命生きる人たちを応援する「ものづくり」を目指します。

3.今の時代に合った「ものづくり」
美術館のガラスケースに飾られるような、大切に、引き出しにしまってしまうような「もの」をつくるのではありません。今の時代に合った実用的な「ものづくり」を目指します。

織り人の心

『織り人(Orijin)』は、伝統的な織りや刺繍技術を通して、アジアの民族文化の起源(Origin)を次世代に伝承し、その技術をいかすことによって、今を生きる人たちが不安のない生活を送ることができるようになることを願っています。

そのために、『織り人』は下記のことを心がけ、事業を進めてまいります。

安定した仕事を提供できるように、定期的な、継続した商品のオーダーをすること。

ものづくりの技術やアイデアに見合った対価(適正価格)、「つくる人」の提示する
 価格で買い取ること。

新たな市場、販路拡大のための情報提供やアドバイスをおこなうこと。

新たな商品開発に挑戦できるような情報や技術、サンプルデザインのアイデア等を
 提供すること。

誠実に事業に取り組むことにより、「つくる人」、「かう人」のしあわせのみ
 ならず、「うる人」の発展と未来のものづくりにつながること。

織り人を支えるミェン族の歴史

ミエン(Mien)族の人たちは、中国南部を起源とし、漢民族の圧政などにより、雲南省やベトナム、ラオス、ミャンマー(ビルマ)などへ移動しながら、1920年代頃から一部の人たちが、タイ北部の山岳地域に移住をはじめたと考えられています。

中国文化の影響を受け、長い間、中国との関係を保ちながらも、まわりの険しい山々に囲まれた環境が、近隣の他の民族や中国からも隔絶した環境をつくり、民族独自の衣装や習慣、言語、文化を確立していきました。

タイ北部の自身もミエン族出身の女性が、近隣の村々のミェン族の女性たちを取りまとめ、刺繍布の製作グループをつくっています。
こうして売りに来られた刺繍布(写真)を使って、今回ご紹介のデジカメケースやポーチ、バッグなどの製品に縫製しています。

また、村の学校の授業でミエン伝統の刺繍技術を教え、子どもたちが刺した刺繍布をつかった製品づくりにも取り組んでいます。
こうした活動は、ミエン族の女性たちの限られた現金収入の手段の一つとなり、また、子どもたちへの民族伝統文化の継承にもつながっていきます。

ミェン族の民族伝統文化を子どもたちへ

ミエン族の女性の民族衣装は、赤い大きな毛糸の襟のついた濃紺の上着に、細かな刺繍で埋め尽くされたズボンをはき、頭には刺繍入りの大きな頭巾を巻いているのが特徴です。

こちらの商品は、「×」印を繰り返して文様をつくり上げるクロスステッチという技法の刺繍ですが、
もともとミエン族の人たちは伝統的には、このクロスステッチ以外の技法をつかっていました。

ミエン族の長い移動の歴史の中で、クロスステッチを得意としていたモン族や他の民族と接することにより、
独自の文様(技法)に新たな文様(技法)が加わっていきました。

このズボンの刺繍の上下の部分には、ミエン族伝統の刺繍がほどこされ、中央部分のぎっしりと刺繍された部分がクロスステッチの刺繍になっています。
このように、クロスステッチ刺繍の割合の多いズボンは、タイ北部のミエン族の特徴的な衣装となっています。

そうした民族衣装の刺繍技術の巧みさや美しさは、祖母から母へ、母から娘へ、受け継がれていきました。

「織り人」では、こうしたアジア民族文化の起源(Origin)を次世代に伝承するため、伝統的な刺繍や織りをいかしたフェアトレード商品を販売することによって、ミエン族の手しごとの素晴らしさを多くに人に知ってもらい、ミエン族の子どもたちが、民族の誇りをもって伝統的な技術を学んでいくきっかけになれば…と思っています。

『織り人(Orijin)』では、ミエン族のクロスステッチ刺繍をいかした商品をいろいろとご紹介しています。

商品ストーリーをもっと読む商品ストーリーを閉じる

  • ギフト対応
  • SALE

ミエン族の伝統的な刺繍文様のクッション入りポーチ!

ミエン刺繍のクッション入りポーチ(赤/イエロー) 

1,690円 (税込)

獲得ポイント16pt獲得

コメントを見る・するこの店舗の他商品を見る

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

ミエン刺繍のクッション入りポーチ(赤/イエロー) 

2,000円1,690円 [ 在庫数 : 1 ]

電話注文・大口注文のご相談は
03-3541-4870まで

ギフト対応商品で熨斗等を希望される場合は注文画面の備考欄に必要な情報をご記入ください。

お問い合せフォーム

この店舗の他商品

全商品を見る

みんなのコメント(0件)

ショップスタッフより

ミエン族伝統の、独特な幾何学模様と色合いの刺繍布をつかったクッション入りポーチです。一つあると、重宝におつかいいただけます!

2019年02月08日 12:44

※コメントを書くとポイントがもらえます。詳しくはこちら

ミエン族の伝統的な刺繍文様のクッション入りポーチ!

ミエン刺繍のクッション入りポーチ(赤/イエロー) 

1,690円 (税込)

16pt

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

ミエン刺繍のクッション入りポーチ(赤/イエロー) 

2,000円1,690円 [ 在庫数 : 1 ]