オーガニックコットンを使わなければならない訳。【綿】大量に必要とされるから農薬・化学薬品まみれ

とにかく・とにかく・とにかく!
かる~~~い♪

どれくらい軽いか例えると・・・
卵1個はだいたい、50~60gあります。
ってことは・・・
fuu~風~は30gちょっと。
結論。
『卵1個よりも軽い!!!!!!!!!!!!!!!!!』
という軽さに仕上げました☆
【(約)長さ30×185㎝ 】 
身にまとう心地良さ

暑い夏にいいんです!!!
もちろん肌寒い季節だって、ちょっと巻き巻きでオーガニックコットンの温かさに包まれますよ♪

使ってみてみて☆

オーガニックコットン100%の肌触りは“か・い・か・ん”
(^^)!
肌にやさしいオーガニックコットン100%。

しなやかさに優れ、日よけ・汗ふき・防寒にも使えるからオールシーズンOK!
☆万能マフラー☆

いつものバッグに入れておこう!かわいいパッケージだからプレゼントにも♪

商品スペック

見る閉じる

原産国・加工国 原産国:インド、アメリカ(エルパソ)など、加工国:日本(山梨県西桂町)
原材料・素材・成分 材質:綿100%(オーガニックコットン100%) サイズ:(約)幅30×185㎝ 重さ:(約)30g プレゼントにもバッチリ、おしゃれな未晒封筒入り♪
内容量・サイズ (約)幅30×185㎝

商品詳細

商品ストーリー

商品詳細

さりげないドット柄(市松模様)が色んな装いにGOOD♪ Simple is Best!! 首筋の日除けって、結構重要なんです。UVカット効果ありありだから安心!!!

軽く優しく 風のように爽やかな着け心地・・・とっても軽く、ふんわぁ~り柔らかい肌触り!
生成色は、爽やかさをUPさせ、主張し過ぎないからどんな服装にも合わせやすくさりげないワンポイントに!
でもふんわり優しそうに見えて、女性の敵紫外線からがっちりお肌をガード!
日焼け止めなどを塗り忘れやすい首筋をオールシーズン守ります!

長さ185cmは、いろんなアレンジできます♪超生地がうすいので巻き方次第で、色んなおしゃれが楽しめます! アレンジ次第で楽しむあなただけのおしゃれ♪

主張し過ぎない生成が、どんな服装にも合わせやすくさりげないワンポイントに!

ふぅぅ~と風が抜けるような薄くて柔らかい風合い♪ まさしく たおるマフラーfuu~風~
それいいね!ってみんなに言われるからついつい自慢したくなっちゃう!

お出掛けも楽しくなりますよぉ(*^^*)

きっと そんなことを言ってもらえる 思ってもらえる
着けるだけで なんだか HAPPY な気分になれる・・・

お世話になった方におくっちゃおう♪未晒しのナチュラルパッケージは、プレゼントにもバッチリ!

日ごろお世話になった人に、使い心地抜群の「たおるマフラーfuu~風~」は、喜ばれること間違いなしです。
パッケージに切手を貼ればそのまま郵便物として贈ることができます。
そのまま送れるなんてちょっと粋なプレゼントだと思いませんか?

商品詳細をもっと読む商品詳細を閉じる

商品ストーリー

綿の現状・・・

通常、綿の栽培には、とても多くの化学薬剤が使われます。
種の段階での防虫剤、植えてからは除草剤、虫を駆除するための農薬、それから発育のための化学肥料が使われます。
刈り取る前には、白い綿にシミが付くのを防ぐために、葉の葉緑素を残さないように枯葉剤を空中散布します。
収穫後も、糸切れを防ぐために化学糊、染色しやすいように綿本来の油分をとり、防縮材、柔軟仕上剤などで加工します。

また、綿の栽培は発展途上国に多く、貧しい農民は農薬を買うために借金を背負い、それを苦に自殺する人が後を絶ちません。
綿畑で働く人々は、農薬を吸い込んしまったり、農薬に汚染された水を飲んでしまうため、健康被害はとても深刻なのです。
また、農薬を使用すると、その土地に住む動物や鳥、虫達、汚染された土に住んでいる微生物まで影響を及ぼします。

地球上の全耕地面積の約2.5%にすぎない綿畑に、世界で使われる殺虫剤の16%、全農薬の10%が使用されているといわれています。

農薬を使用しないことで農地の環境やそこで働く人々の健康を守ることができます。

オーガニックコットンを使うことで、私達の子供達の未来のためにも薬品だらけの環境から土自体を改善して、本来の姿に近づければと願います。

伝統工芸とオーガニックコットン専門コーディネーター 椋《むく》のスタッフが責任を持って企画しています♫

大量生産・大量消費の時代。
果たしてそれで良いでしょうか?
資源は無限ではありませんし、エネルギーも限られています。
その中で昔の日本人の知恵・技術・知識は「モッタイナイ」という言葉が世界的にも認められたように、素晴らしいものだと思います。
私たちは伝統工芸を通じて、「モノ育(モノを大切にする心を育む)」を提唱し、『永く使う』『自然と共に』『地域で』などを基本に持った伝統工芸を皆様に知っていただき、そして<未来の子供たちに伝え・残す>ことを大切に考えた提案をこれからも続けていきます。

muku.のオーガニックコットンこだわり

1.純オーガニックコットン100%
オーガニックコットン以外の綿との混合はおこないません。
(ゴム等、機能性で必要な部分には一部綿以外の素材を使用する場合もあります)

2. 脱色、漂白、防縮、柔軟等の化学処理加工は基本的にしていません。

3. 純オーガニックコットンは、どんな土地で・誰が・どんな風に育てたのかがわかる生産履歴が証明できます。

「武藤」美しい水に恵まれた富士山の麓で、世界に通用する織物を造り出す。

富士北麓地域(通称:郡内地域)に古くから伝わる織物の伝統を引き継ぎ、天然素材の風合いにこだわった織物作りを目指しています。
カシミヤ・シルク・麻・和紙・オーガニックコットン等、様々な糸の持つ特質を活かし、それらを昔ながらの織り機を主流に織り上げます。
流行に左右されない生地や織柄、また、使いやすいサイズや形にもこだわり、いつまでもお使い頂ける逸品を手掛けています。

郡内織とは

(索引:西桂織物工業協同組合HPより)
西桂町を含む『郡内』地域といわれており、山中湖を源とする桂川に沿った、耕地の少ない冷涼の土地です。
郡内の織物は古く江戸時代に入って絹織物が盛んになりました。

郡内織は外来のものを寛文年中に織り出したもので、「海気」「海黄」と呼ばれて、その種類も『郡内縞』『白郡内』『郡内太織』『織色郡内~別名郡内海気』や『郡内平』というはかま地等がありました。
「甲斐噺」という書には、【郡内領より織り出され候絹、一ヶ年に大概五万匹余も之れ有るべく、これによって郡内のかいこ糸ばかりにては不足の由、但し、白絹の上は、真木・花咲(中略)夏はかま地は、暮地、小沼(西桂町)と申す村より多く織り出す。】とあって、西桂町のはかま地は、江戸の人士に大人気でがあったようです。
耕地の少ない、山合いの農村にとって、絹織物の生産は、貴重な現金収入であって、この収入で年貢も金納し、他領から食料を買入れていました。
織物の盛衰はそのまま死活問題につながっていました
。享保期にはすでに自家生産では桑が不足して他地区から買入れており、約百年後の文化年間になると、一軒で三台・四台と織機をもち、「ハタ織り女」も召し抱えるようになり基幹産業になっていました。

「甲斐絹」は元来がカイキと言うのを、初代の山梨県令藤村紫郎氏が、明治何年かに、産業振興のために、郡内織~カイキを甲斐の特産品とすべく、「甲斐絹」の字を宛てたものだと言われています。

明治時代に入ってからは、郡内海気といわてた玉虫甲斐絹とか、さまざまな色糸を配した縞甲斐絹、思う図柄をタテまたはヨコ糸に書いて染めた絵甲斐絹などが織られましたが、中でも無地甲斐絹は全盛を極めたとのことです。

明治二十年前後は、郡内ではじめての組織団体「甲斐絹改良組合」が、西桂町小沼に設立されました。
明治三十七・八年の日露戦争後の好景気によって、ジャガードなどの機械も導入され始め、水車設備の普及などによって、生産量は急増、同三十九年の郡内地区の総生産量は、三九五、六二二疋までになりました。
この頃から、従来の甲斐絹が衰退して、白無地を染色した加工甲斐絹が生産されるようになり、絹だけでなく、絹・人絹交織甲斐絹・双人甲斐絹などが登場し、人絹使用による価段の安い一般大衆向きの品として喜ばれました。
明治末年から大正時代は郡内織物の大変革期でした。

昭和になると、電力が動力源として利用されるようになり、戦前の最盛期を迎えました。
袖裏地が好評を博し、朱子を中心に平織・綾織などの服裏地が全国的に確たる位置を占め、八端の夜具地・座布団地・洋傘地と多様な製品が生産され、西桂町でも「茶美紗」とよばれたタフタが織られて、朝鮮に大いに輸出され、郡内織物が盛況であった時期です。

戦時中、軍の要請によって落下傘の生地も相当量納めたといわれてます。戦争末期になると、戦時産業に切り替えられて、指定生産制がとられて操業率は40%におさえられ、若者は戦場へおもむき、織る糸もなく織機は減り、九千三百台は破砕されて鉄くずになってしまいました。
戦後の昭和二十二・三年になって生産は再び正常化されましたが、当時の切実な衣料不足からヤミの生産が行われ、ガチャンと織れば壱万円という「ガチャ万時代」を迎えましたがこれも長くは続きませんでした。

現在、西桂町で生産されている織物はネクタイ、マフラーストール、洋傘、座布団地、服裏地、婦人服地などで町の基幹産業となっています。

商品ストーリーをもっと読む商品ストーリーを閉じる

  • ギフト対応
  • SALE

身体にも環境にもやさしいオーガニックコットン

オーガニックコットン100%「甲州郡内織」武藤氏が織るたおるマフラーfuu~風~

1,728円 (税込)

獲得ポイント17pt獲得

評価(4.50)

コメントを見る・するこの店舗の他商品を見る

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

オーガニックコットン100%「甲州郡内織」武藤氏が織るたおるマフラーfuu~風~

2,000円1,728円 [ 在庫数 : ◎ ]

電話注文・大口注文のご相談は
03-3541-4870まで

ギフト対応商品で熨斗等を希望される場合は注文画面の備考欄に必要な情報をご記入ください。

お問い合せフォーム

この店舗の他商品

全商品を見る

みんなのコメント(2件)

ゆーき

凄く軽くて首に負担がなさそう。試してみたい!

2016年10月22日 22:22

Nejibana

届いたその日から使用しています。パッケージを保った瞬間「ずいぶん軽いな~」と感じましたが,軽さだけでなく肌触りも大変よく,巻いていてまったく気にならず,服の一部のような感じです。私はストールが好きでよく使いますが,猛暑になってきた今夏はこのマフラーの出番が多くなりそうです。

2016年08月08日 15:07

ショップスタッフより

日本のものづくりにこだわる「作り手」を応援する会社。作り手の想いを伝えることで、みんなの自分らしいモノ探しのお手伝いをしています。

2014年05月15日 18:08

※コメントを書くとポイントがもらえます。詳しくはこちら

身体にも環境にもやさしいオーガニックコットン

オーガニックコットン100%「甲州郡内織」武藤氏が織るたおるマフラーfuu~風~

1,728円 (税込)

17pt

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

オーガニックコットン100%「甲州郡内織」武藤氏が織るたおるマフラーfuu~風~

2,000円1,728円 [ 在庫数 : ◎ ]