新生姜で夏バテ知らず!
たっぷり食べて元気な夏を過ごしましょう!

> 「あした、あさって」記事一覧に戻る

殺菌、発汗、温めなど多くの力を持つ生姜を上手にとれば元気な夏を過ごせます。
旬の新生姜、簡単レシピと利用方法をまとめてみました。

Pick up 01やっぱり生姜って凄い!

外は強い日差しと高い気温で、室内はクーラーで冷え気味、そんな悩みを解決するのにピッタリなのが
生姜です。6月の半ば頃から店頭で並ぶ新生姜、8月頃までの季節限定の味を楽しみながら夏バテ
防止に役立てませんか?

生姜は薬味の他、生薬、漢方薬としても広く知られている身近な植物です。殺菌作用、発汗作用、
吐き気止めなどに効果があるため様々な場面で用いられています。乾燥した物や加熱した物は
体を温めますし、皮は利尿作用が高くむくみ解消にもなります。

そんな力を持った生姜ですので積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。
やや苦手意識のある人も、新生姜なら辛味も、苦みもマイルドですのでチャレンジしてみませんか?
普段の食事に取り入れれば夏も元気に過ごせますよ。

それでは、あなたに合った食べ方、利用の仕方を探ってみましょう。

Pick up 02新生姜の簡単レシピ!

年中食べるなら梅酢漬け!
新生姜は汚れたところを洗ったら皮ごとスライスをし、軽く塩をして1時間ほど置くと汁が出てきますので
しっかりと絞ってビンに入れ、生姜がかぶる量の梅酢をそそぎます。一晩つければそれだけでおいしく
食べられます。

今だけの味、新生姜ご飯!
千切りにしてさっと水にさらした新生姜を炊き込みご飯の要領で炊くだけの簡単メニューです。
味付けは醤油、みりん、酒、具は刻み揚げだけでOKです。刻み揚げの代わりに豚肉の細切れを
入れるとビタミンB1も摂れ、ボリューム感がある生姜ご飯になります。

調味料、飲み物で楽しむならハチミツ漬け!
スライスまたは、すりおろした生姜を瓶に入れ、上からハチミツをそそぐだけでいつでも使える
便利な生姜が出来上がります。紅茶に入れたり、炭酸水で割って飲むとさっぱりしますし、
生姜焼きなどにも調味料として使えます。

Pick up 03捨てる所はありません!

乾燥した生姜は味噌汁や湯船に入れて!
使い切る前に冷蔵庫で乾燥して小さくなってしまった生姜、捨ててはいませんか?
漢方ではわざわざ干して用いることもある生姜ですので捨ててしまうのはもったいないですね。
出汁をとる要領でスープに入れて作るとお腹が温まります。また、湯船に浮かべて浸かれば
全身が温まりますので、冷え性の方にはピッタリです。

胃腸が弱い人は加熱して!
様々な力をもつ生姜ですが、刺激が強いので胃腸が弱い場合は、生食は控えめにして加熱料理に
したり、一度レンジで温めた生姜を使うようにしましょう。

料理、飲み物、お風呂に入れるなど、使い方は色々です。
梅酢漬けやハチミツ漬けは1年ほど日持ちしますので、新生姜の出回るこの時期に作り
体調のすぐれない夏の食事に取り入れるといいですね。

 

by maruse