憂鬱な季節の乗り越え方!
だるい、頭痛、冷え、肌荒れなど梅雨時の体調不良対策!

> 「あした、あさって」記事一覧に戻る

自覚症状があるなら対策可能です!梅雨時になると悩まされる体調の変化を軽減するためには
原因を知ることが大切です。その上で可能な限り身体への負担を減らす事で症状も軽くなりますので
試してみませんか?

Pick up 01梅雨時の憂鬱な体調を改善しませんか?

「気象病」という言葉を耳にした事はありませんか?
気圧が低く天候が悪い日が続き、気持ちの良い日の光を浴びる事が出来なくなると
自律神経の働きが低下してバランスを崩しやすくなります。
この様な気象の変化に伴う様々な症状を気象病と呼んでいます。
これは梅雨時の体調不良の原因の一つといわれています。

実は30、40代の女性では8割以上の人が梅雨時に頭痛や冷え、肌荒れなどの
体調不良を感じているという調査結果もあります

「この時期は毎年だるくなるから」と諦めていませんか?

これらの症状に苦労している人が多い気象病が軽くなるヒントをまとめてみました。
万全とは行かないまでも症状を軽くする事は可能です。

Pick up 02どんな人が気象病になりやすい?!

不規則な生活をしている人!
規則正しい生活と食事、十分な睡眠はとれていますか?
この時期は自覚しているよりも身体に負担がかかっていますので、不規則な生活をしていると
他の季節に比べ容易に体調を崩してしまいます。

体力のない人!
普段から運動をし、適度に日光を浴びている人に比べ運動習慣が無く、体力のない人は
症状が出やすい傾向があります。

敏感な人!
ある程度体力がある人でも敏感な人は症状が出やすくなります。
ですから、重い自覚症状があるなら天気に注意をして、気圧の変化が大きい日は
無理をしないようにするなどの自衛対策が重要になります。
敏感な人の場合は過度に仕事を詰めこまない、調子をみて休むといった事を意識するといいでしょう。

Pick up 03誰でも可能なちょっとした対策!

冷たい飲み物を避け、生姜、ネギ、唐辛子など新陳代謝を高める食材を意識して摂取する事、
シャワーだけでなく湯船に浸かって体を温める事で症状は和らぎます。

マッサージ、ストレッチで体をほぐし程よく体をリラックスさせ、身体を締め付ける服装を控える事も
大切です。
むくみが気になり締め付け気味の服装にする人もいますが逆効果です。利尿作用の高い
温かいお茶を飲んで冷やさない、余分な水をためこまない対策も必要です。

気候の変化が大きいこの時期は身体のストレスを極力減らし普段より健康的な生活スタイルを
心がける事がポイントになります。
この時期は毎年のことだからと乱れた生活をしていると症状も重くなりがちです。
いい機会ととらえて、普段よりも少し健康的な生活を意識してみましょう。

 

by maruse

おすすめアイテム

  • イタリア産のオーガニックなアロマオイル!

    湯船に数滴たらしたり、アロマポットで香りを楽しんだりしてリラックスしませんか?

  • 美容にも健康にもいいミネラル豊富なハーブティー!

    ビタミンC、カリウムが摂れ、新陳代謝を促す甘酸っぱい香りのハーブティーでリラックスしませんか?

  • すっきり飲める有機栽培のグリーンティー!

    手作業で丁寧に摘まれた茶葉を使用いた上品な味です。