ドライフルーツと生の果物、栄養の量に違いはあるの?

> 「あした、あさって」記事一覧に戻る

おやつがわりにいつでも手軽に食べられるドライフルーツですが、生のフルーツと比べると栄養素や
ビタミンはどう違うのでしょうか?ドライとフレッシュ、2つのフルーツを徹底比較!

Pick up 01味や栄養分、全てが凝縮されています

生の果物はおよそ80パーセント以上が水分でできていますが、ドライフルーツはそれを20パーセント以下、
物によってはそれ以下に抑えています。干すことで平均3カ月程度保存できますが、バナナチップスなどは
水分がほとんどないので1年以上持たせることができます。

日本はドライフルーツにおいて後進国なので、もともとはドライフルーツを単体で食べるということは
あまりなく、お菓子やパンのアクセントにレーズン等が使われているだけでしたが、最近、様々な種類の
ドライフルーツが買えるようになってきたのは嬉しいことです。

ドライフルーツは水分が抜けている分保存が効き、味や風味も凝縮されます。
それでは栄養分はどうなっているのでしょうか?

Pick up 02ドライフルーツにしたことで増えるもの、減るもの

生の果物をドライフルーツにした場合のビタミンやミネラル量を見てみましょう。

食物繊維
ドライフルーツにすることで増えるのがこの食物繊維です。食物繊維には、腸の働きを整え、
コレステロールを流す働きがあるのですが、特に水溶性の食物繊維をより多く摂取できる
ようになります。

ビタミン類
食物繊維とは逆に、少し減ってしまうのがこのビタミン類です。特に減りやすいビタミンC目当てなら
生のフルーツを食べた方が良いでしょう。ビタミンAは壊れにくい(減りにくい)と言われています。

ミネラル類
カリウム、リン、鉄などのミネラル分は、むしろ凝縮され、効率よく摂取できるようになります。

以上を見るとドライフルーツにすることで、食物繊維とミネラルが特に濃くなるようです。
では、気になるカロリーはどうでしょうか。

Pick up 03ドライフルーツのカロリーは?

それでは、ドライフルーツと生果物のカロリーの違いを見てみましょう。
干しぶどうと生のぶどうを同じ量食べた場合は以下の通りです。

干しぶどう・・・100グラム300カロリー
ぶどう・・・・同50カロリー

人気のマンゴーも見てみましょう。
乾燥したマンゴー・・・100グラム310カロリー
マンゴー・・・・同70カロリー

乾燥すると、カロリーは生のフルーツよりもおよそ5倍に跳ね上がります。
ドライフルーツを食べる時は、目分量で生の果物の5分の1程度と覚えておくと便利です。

ドライフルーツはミネラルと食物繊が凝縮しており、美容に良い食べ物です。
ただし凝縮する分、カロリーと農薬等には注意が必要。無農薬、オーガニック原料のものも
増えているので、ぜひ探してみてください。

 

by komi

おすすめアイテム