ペルー・クスコの伝統羊毛手織物をあしらったトートバッグ。帆布及び縫製は日本で!

ペルー、クスコの伝統的な羊毛手織物と日本の鞄職人さんの技術が融合した、個性的で、かつ機能的なトートバッグです。

◇商品概要
商品名:パラフィン加工10号帆布トートバッグTrapecio
原材料:バッグ本体 帆布(綿)、革、羊毛織物(ペルー産)
原産国:日本製
サイズ:高さ27センチ、幅:上部38センチ、下部34センチ、マチ15センチ、ハンドルの長さ32センチ、ショルダーストラップの長さ(最長)110センチ
重さ:
認 証:WFTO(フェアトレード認証)*羊毛織物のみ

商品スペック

見る閉じる

原産国・加工国 日本製 (織物はペルー製)
原材料・素材・成分 バッグ本体:帆布(綿)、本革 手織物:羊毛ウール
全5色(グレープ、ガーネット、コチニールレッド、カクタスグリーン、サフランイエロー)
内容量・サイズ 高さ27センチ、幅:上部38センチ、下部34センチ、マチ15センチ、ハンドルの長さ32センチ、ショルダーストラップの長さ(最長)110センチ
取得認証 手織物のみ、フェアトレード認証(WFTO)

商品詳細

商品ストーリー

商品詳細

その1.たくさん入るのにコンパクト!

”Trapecio(トラペシオ)”はスペイン語で「台形」と言う意味です。
このバッグの形が台形っぽいので、そう名付けました。

バッグの口を少しだけ狭くすることによって、たくさんのモノをしっかり収納できるのに、
コンパクトに、よりスタイリッシュに見せることができます。

その2.汚れにくく、型崩れしにくいわけは・・・

このバッグを作ってくれた鞄メーカーさんおススメの帆布(パラフィン加工が施された10号帆布)は、糸の密度が高く、しっかりと織りあげてありますので、軽くパリッと張りがあります。
さらにパラフィン加工(ワックス加工)が施されているため、型崩れしにくく、汚れにくいです。
また、お手入れしやすいのもいいですね。

底板を入れてありますので、より型崩れしにくくなっています。

その3.機能的でシンプル&スタイリッシュなデザイン

いろんなファッションに合わせていただけるようにシンプルなデザインにしました。
アクセントのPeru Landから届いた手織物は外ポケットにあしらいました。
シンプルなデザインがこの手織物をより引き立ててくれています。シンプルだけでなくカッコいいトートです。

ポケットは全部で3つ、クスコの織物をセンターに配置した外ポケットと、たっぷりの大きさがある内ポケットが2つ。

バッグのクローシャーはスナップボタン、手提げの部分と外ポケットの上部には、本革(牛)を使用しています。

バッグの上部両サイドには、Dカンを付けてあります。
付属のショルダーストラップを付けていただけます。

商品詳細をもっと読む商品詳細を閉じる

商品ストーリー

#1 クスコ手織物との出会い

南米のペルーは、地理的にとてもユニークな場所です。
太平洋に面し、首都のリマのあるコースタル、標高4000メートル以上の山々が連なり、マチュピチュなどの遺跡が多く点在し、今でも多くの先住民たちが羊やアルパカなどといっしょに暮らしているアンデス、その山々を超えたところには、熱帯雨林のジャングルが広がるアマゾン。

豊かな自然の中に根付いた文化が今でも多く残るアンデスやアマゾンにはユニークな天然素材を用いた伝統的な工芸が多く受け継がれています。

そのような土地故、世界中から多くの観光客が訪れるようになった昨今、それらの伝統工芸は、その形も急激に変えつつあります。
これまでは草木染めをしていた糸が、化学染料を使うようになったり、市販の化学繊維を用いて織物をするようになったり・・・
観光客用のお土産用として安価に、そして大量の需要があるので、やむを得ないのかと思ったりもしますが、でも、本来の技法を残すこともとても大切だと思います。

Peru Landのコーディネータ、マリアに依頼し、草木染のウールの糸を、伝統的な腰織により織っている 先住民のグループを探してもらいました。
そのグループは、ペルーでも多くの観光客が集まるクスコから離れていたため、観光客用のマーケットへのアクセスが悪く、 運よく、昔ながらの伝統的な技法で織物を織っていました。

暮らしぶりはとてもシンプル、質素です。標高が高く、 気候条件も厳しいので、生きていくのが大変なところです。
そんな小さなコミュニティでは、女性が昔ながらの技法を用いて織物をしています。織物が、衣類になったり、敷物になったり、暮らしていくために必要な織物です。

でも、彼らも現代に生きているので、現金収入も必要です。
そこで、フェアトレードにより、女性たちが日々追っている織物を少し分けてもらうことにしました。

#2 染めについて・・・植物だけでなく、昆虫も使います!?

クスコの女性たちは身近にある素材を使って、糸を紡ぐ、染める、織る工程をすべて自分たちの手で行っています。

まずは、一緒に暮らしている羊の毛を刈り、 手で紡いで糸にします。それから、植物の葉や種、花や昆虫を使い、染めていきます。 すべて天然素材を使用しています。

南米原産の植物(タラ、ペルー胡椒、チルカ)やユーカリ、オークウッドに加え、最も頻繁に使われるのがコチニール(サボテンにつく小さな虫)で染めます。

色止めのための触媒は、ミョウバン、レモン、塩や硫酸鉄など、どれも自然界にあるものです。

ただ、どの染料に、どの触媒をどのくらい、どのタイミングで使用するか・・・は、家々でそれぞれレシピを持っていて、門外不出です!

染め具合は、自然界にあるものを使用していますので、 天候などの影響を受け、まったく同じ色を出すことはむずかしいのですが、 なんとも言えないニュアンスのある色合いはとても美しいです。 もちろん、素材を混ぜて、色を創り出すこともしています。例えば、コチニールの赤と、ユーカリの青から紫が生まれます。

紡いだ後は、糸を染めていきます。もちろん手作業で行います。

まさに職人。おしゃべりしながらも手はしっかり動いています!染め糸をかせの状態します。そして、 いよいよ織りに入ります。縦糸を立てます。今回は、特別に頑張ってもらい、 幅8センチで10メートルの縦糸を立ててもらいました。通常は2メートルほどの長さの織物を織っていると聞いていたのですが、短い織物をたくさん織ってもらうよりも、長いものを一本の方が貴重な糸を無駄にすることなく使えるからとの考えからです。

腰織(こしばた)と言われる昔ながらの織り方です。

織り模様は、いろんなパターンがあるのですが、 身近な動物や植物などをモチーフにしていて、またそのコミュニティごとに織り模様が異なります。

いろんな色を組み合わせ、細かいも模様を根気よく織っていきます。8センチ幅で10メートルの長さを織るのに、6~8週間もかかるとのこと!!10メートルという長い織物を依頼してしまったことを後悔しましたが、出来上がってきた織物は、それは見事でした!!

アンデスの山々を超え、太平洋を渡って届いた織物は、それはそれは素晴らしい織物でした。

さあ、この織物で何を作ろう~!

#3 日本の職人さんとコラボ!

とても素敵な織物をどう生かそうか・・・
Autenticoではフェアトレードの生産者グループと共同企画を通常行っていますが、今回はペルーで商品化を行わず、織物を素材として輸入させていただきました。
それは、縫製の技術と作りたい商品の素材の入手が難しいと判断したからです。
将来は、完成性製品を輸入できるようになりたいと準備をしていますが、素晴らしい織物をちゃんと商品化できるように、今回は、日本のメーカーさんと一緒に仕事をさせていただくことにしました。

四国、香川県の『カワニシカバンプロダクト』さんという帆布や革を使ったオリジナルのカバンを作っているメーカーさんです。

スタッフSがメールで問い合わせると、それまで10社以上ののメーカーさんに何度となく説明してきたことと同じ内容のお話をさせていただくとカワニシさんからは異なった印象の返信をいただくことができました。

「とにかく、この織物をいかしたバッグを作りたい!」と・・・ するとカワニシさんからは「大抵の依頼者さんは、まず予算と納期が決まっていて、仕様については、あんまりこだわりがないというか、二の次というか・・・え~~っと予算も納期もないんですか?」と

もちろん、大体の予算や納期はありますが、『この織物をちゃんと生かした仕様のバッグを作りたいんです』ただ、日本のメーカーさんとのお取引が初めてなので、まったく様子が分からず、 これまでたくさんのメーカーさんに問い合わせをしたのですが、なんだか話がかみ合わなくって・・・ バッグ作りの専門家としてのアドバイスをいただきながら、進めさせてください」と お願いをさせていただきました。

これに対して、カワニシさんからは「わかりました!できるだけの対応はしましょう!」と 頼もしい回答を得て、やっとバッグ作りが始められるようになりました。

試作は全部で4回・・・カワニシさんも根気よくお付き合いくださり、できる限りの対応をしてくださいました。

~カワニシカバンの社長さんからのメッセージ~

今、静岡県のフェアトレードteebom"テーボム"さんという お店に置く鞄を作らせていただいてます。今回、テーボムさんとは始めてのお仕事になるので、お店の雰囲気などを知る為にネットで調べてみましたが、 すごくステキでオシャレなお店でしたこんなかわいいお店に私達が作った鞄が並ぶと思うと、気合いが入ります♪

しかし、かわいいモノにはトゲがある。 と昔の人はよく言ったものです。写真にもあるのですが、完全にハンドメイドで織られている生地を前ポケットの中心に取り付けるのが非常に大変でした。ピッタリ真ん中に取り付けたいのですが、ハンドメイドだからこそのガタガタ感を生かしつつ、真ん中に取り付ける事が大事になるので、どうすれば製品が安定するか、考え、たどり着いたのが両面テープでふわっと止めるという作戦です。この作戦によって、真ん中で在ってほしい部分は真ん中にいてもらい、さらにふわふわさせるといった雰囲気を出すことができました。

テーボムの社長さんと一度だけお話しさせていただいた事がありますが、仕事に関してかなりアツイ情熱をお持ちで、 こんな方が私達の鞄業を認めてくれたと思うと、頑張らないわけには行きません!

『仕上がり上々が当たり前。』

そんな思いにさせてくれたテーボムさんに感謝しています♪

このバッグの生地は、日本で織られた非常に丈夫な生地です。縫製も大変ですが、だからこその風合いや強さを体感できると思います。

#4 こだわりは”Simple is Best”

初めて日本の会社と一緒にお仕事をさせていただき、改めていろんなことを学びました。
そしてカワニシカバンさんに作ってもらってよかったな~と実感しています。
さて、どんなバッグができたでしょうか!
Cuscoの織物をしっかりと活かし、デザインの基本は、あくまでも”Standard"です。でも、末永くご愛用いただけるように所々に工夫を施しました。

工夫、その1
バッグの形:”Trapecio(トラペシオ)”はスペイン語で「台形」と言う意味です。
このバッグの形がちょっと台形っぽいので、そう名付けました。
バッグの口を少しだけ狭くすることによって、
たくさんのモノをしっかりモノを収納できるのに、コンパクトに見えます。
そして、よりスタイリッシュに見せることができます。

工夫、その2
汚れにくく、型崩れしにくい素材:このバッグを作ってくれたカワニシカバンさんおすすめの帆布(パラフィン加工が
施された10号帆布)は、糸の密度が高く、しっかりと織りあげてありますので、 軽くパリッと張りがあります。
さらにパラフィン加工(ワックス加工)が 施されているため、型崩れしにくく、汚れにくいです。
また、お手入れしやすいのもいいですね。

カワニシカバンのカワニシ社長からは、「この生地、めちゃめちゃいいですよ!何がいいかって、これだけ目が詰まっている生地はそうそうないです。その上、パラフィン加工(ロウに付け込んで撥水加工を施した生地)を施してあるから、
この張り具合が長く続きます!へたり難いんです。それに汚れにくいです!この生地があったので、このバッグができたといっても!!」とのことでした。

工夫、その3
当たり前ですが、機能的でシンプルなデザイン
いろんなファッションに合わせていただけるようにシンプルなデザインにしました。
アクセントのPeru Landから届いた手織物は外ポケットにあしらいました。
シンプルなデザインがこの手織物をより引き立ててくれています。 シンプルだけでなくカッコいいトートです。

加えて、
「お使いいただく前に、防水スプレーをかけていただくと、よりいい状態が長持ちします。」ともお伝えいただきました。
底板を入れてありますので、より型崩れしにくくなっています。

商品ストーリーをもっと読む商品ストーリーを閉じる

  • NEW

【日本製】 ペルーの伝統工芸×日本の職人技 

パラフィン加工10号帆布トートバッグ ”Trapecio(トラペシオ)”

16,200円 (税込)

獲得ポイント162pt獲得

コメントを見る・するこの店舗の他商品を見る

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

グレープ

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×

ガーネット

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×

コチニールレッド

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×

カクタスグリーン

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×

サフランイエロー

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×

電話注文・大口注文のご相談は
03-3541-4870まで

ギフト対応商品で熨斗等を希望される場合は注文画面の備考欄に必要な情報をご記入ください。

お問い合せフォーム

この店舗の他商品

全商品を見る

みんなのコメント(0件)

ショップスタッフより

ペルーの先住民の女性が飼っている羊の毛を刈り、紡ぎ、染め、手織り・・・この気の遠くなるような工程をすべて自ら行っている羊毛ウールは、ニュアンスのある色の組み合わと織物用がとってもスタイリッシュです。大阪で織られたパラフィン加工の10号帆布はこの織物を最大限生かしてくれています。バッグは使い勝手がよく長くご愛用いただけるように様々工夫をしました。きっと気に入っていただけると思います。ぜひ、かっこよく持ってください!

2019年05月27日 15:47

※コメントを書くとポイントがもらえます。詳しくはこちら

【日本製】 ペルーの伝統工芸×日本の職人技 

パラフィン加工10号帆布トートバッグ ”Trapecio(トラペシオ)”

16,200円 (税込)

162pt

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

グレープ

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×

ガーネット

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×

コチニールレッド

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×

カクタスグリーン

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×

サフランイエロー

16,200円 [ 在庫数 : 10 ]

×