播磨園は「安心」「健康」「自然環境」を考えています。

無農薬にこだわった「有機JASマーク」入りのお茶!
香ばしくさっぱりとしたほうじ茶で、簡単に作れるティーバッグタイプです。

「播磨園製茶」は京都・宇治田原町にて有機栽培のお茶を製造、販売いたしております。

当地は緑豊かで自然環境に恵まれており、お茶つくりに最適な地として、昔から
宇治茶の主産地としても有名でございます。

自然の恵みを活かし、農薬に頼らず有機肥料のみを使用した有機JAS認定のお茶は体にやさしく、
安全で安心してお飲み頂けます。丹精込めて栽培した香り豊かな宇治有機栽培茶を
産地直送でお届け致します。

商品スペック

見る閉じる

原産国・加工国 日本(京都)
原材料・素材・成分 【原材料】有機緑茶(京都府)
賞味期限・消費期限 【賞味期限】10ヶ月
内容量・サイズ 【内容量】ティーバッグ 1箱5g×20pの3箱セット 【サイズmm)】縦120×横150×高50

商品詳細

商品ストーリー

商品詳細

簡単・便利・お手頃の有機ほうじ茶ティーバッグ

香ばしくさっぱりとしたほうじ茶を、簡単に作れるティーバッグタイプです。
もちろん、農薬や化学肥料に頼らず栽培しています。


【おいしいほうじ茶の淹れ方】
もともと茶葉の含有成分濃度が全般的に少ないので、高温(90℃)で入れても
旨み渋みは強く出ませんので、高温で香ばしい香りを楽しみましょう。

宇治田原のお茶がおいしい理由

1.朝日が早く昇り、夕日が早く沈むこと
2.秋から冬にかけて深い霧がかかること
3.石炭質の地盤でカルシウムが多く水はけが良い

以上お茶づくりに適した条件がそろっている土地柄なのです。


【日本緑茶の原点は永谷宗円が発明した「宇治製法」と言われる青製煎茶法】

宇治田原が日本緑茶発祥の地と言われる所以は、江戸時代。宇治田原町に
永谷宗円という人物が「宇治製法」といわれる青製煎茶製法を発明した事にあります。

10年以上にも及ぶ研究の成果が実り、文字通りの茶色のお茶ではなく、当時宇治で
取り扱われていた抹茶の製法にヒントを得て、独創的に蒸製法の煎茶を編み出しました。

それが、今までにはなかった鮮やかな緑色で味も香りも大変素晴らしい緑茶を煎れる
「宇治製法」で、現在機械で製造されている緑茶もこれと同じなのです。

有機JASについて

平成13年には有機JAS法が施行されたのに伴い、いち早く有機食品の認定を取得し、
更には平成19年にNOP(米国オーガニック認証)、平成21年にはEU有機認証を取得しました。

これからも世界の方々にも安全で安心してご利用いただける取組みを行い、
更なる美味しいお茶つくりに励みたいと考えております。


【有機JAS規格の要点】
・生産において3年以上使用禁止農薬や化学肥料を使用していないこと。
・遺伝子組み換え技術を用いてないこと。
・茶畑から生産・加工・出荷に至るまで、他の一般茶と区別し、それが記録されていること。
・以上のことが遵守されているか、農林水産省に登録された認定機関の審査を毎年受けていること。

商品詳細をもっと読む商品詳細を閉じる

商品ストーリー

有機栽培のこだわり

「播磨園製茶」は無農薬のお茶の栽培を始めて20年以上になります。

以前は農薬を年間7~8回も散布する一般栽培茶を生産していました。
しかし、その農薬散布は身体に大きな負担がかかるものでした。

昭和47年・夏、自園の茶畑で現社長(余士行)が農薬散布中に薬害に倒れ、医師に
「こんな暑い日中に軽装で農薬散布を続けていては、いずれ肝臓に障害が出ますし、
お酒も止めなくては」と言われます。

これを機に、無農薬無化学肥料栽培へ転換する一大決心をしました。

当初は収穫が激減し、後悔をしたこともありましたが、「生産する自身や家族、
また飲んでくれる人達の健康の為にこの栽培法を全うする」と豪語したこともあって、
苦しい時期を乗り越えてきました。

最近ではようやく収穫も安定するようになっています。

ここ10年前程より、ようやく消費者や周りの人達に安心・安全性 を評価され、
無農薬無化学肥料栽培に転化してほんとうに良かったと満足しております。

播磨園茶畑の歳時記1

【施肥】
1年に春と秋の2回、菜種油粕やごまの油粕などを約6haの圃場全てに施肥します。
山間部の急勾配の茶畑が多く、運搬車の入れない場所もある為、大変な作業ですが
土壌作りには欠かせません。

有機質土壌ならではのミミズや益虫のカマキリやてんとう虫、クモなどが多く生息しており、
害虫駆除をしてくれます。

生物の生息には最適な分、鹿や猪などが茶畑を荒す生物も入って来るのが悩みの種です。


【お茶の製造】
私共の宇治田原町は府内でも若干気温が低い為、5月中旬頃より本格的に新茶の摘み取りに入ります。
新茶シーズンの5月~7月の二番茶が終わるまで荒茶工場はフル稼働で製茶を行います。
お茶はその年々の気象条件で品質が変わる為、毎年が1年生のつもりで励みます。

播磨園茶畑の歳時記2

【除草作業】
春から暖かくなるにつれ、土壌の動きも活発になり新芽の萌芽が始まりますが、
同時に雑草も一緒に生長します。
特に二番茶が終わってからは除草作業の毎日です。

地元シルバー人材のおば様方と共に暑い日中に雑草と闘っております。
慣行栽培に比べ、ほとんど手作業で行う為かなりの労力がかかります。

商品ストーリーをもっと読む商品ストーリーを閉じる

日本緑茶発祥の地「宇治田原町」の宇治有機栽培茶

【京都/播磨園】 有機ほうじ茶ティーバッグ (5g×20p)

486円 (税込)

獲得ポイント4pt獲得

コメントを見る・するこの店舗の他商品を見る

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

【京都/播磨園】 有機ほうじ茶ティーバッグ (5g×20p)

486円 [ 在庫数 : ◎ ]

×

電話注文・大口注文のご相談は
03-3541-4870まで

ギフト対応商品で熨斗等を希望される場合は注文画面の備考欄に必要な情報をご記入ください。

お問い合せフォーム

この店舗の他商品

全商品を見る

みんなのコメント(0件)

ショップスタッフより

おいしいほうじ茶をお手軽に!

2014年06月09日 21:39

※コメントを書くとポイントがもらえます。詳しくはこちら

日本緑茶発祥の地「宇治田原町」の宇治有機栽培茶

【京都/播磨園】 有機ほうじ茶ティーバッグ (5g×20p)

486円 (税込)

4pt

[ 商品名 ] [ ギフト ] [ 個数 ]

【京都/播磨園】 有機ほうじ茶ティーバッグ (5g×20p)

486円 [ 在庫数 : ◎ ]

×